ニットとシャツの組み合わせのコーディネートで30代もすっきりおしゃれに見せよう

 

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

今回は簡単に出来る、シャツとニットの組み合わせ方をご紹介致します。

 

ニットとシャツの組み合わせのコーディネートで30代もすっきりおしゃれしよう

シャツの格好良く見えるサイズをご紹介

前回は、格好良く見えるシャツのサイズをご提案しました。

前回の記事は下記からご覧下さい。

 

30代でファッションに無頓着なら、シャツを着こなそう

 

 

前回は、シャツのサイズでどれぐらいが適切なサイズで似合うのかをお伝えしました。

今回は、更にシャツとニットの組み合わせと適切なサイズをお伝え致します。

 

 

ニットとシャツを組み合わせたときの裾の長さはどれぐらいが適切なのか?

近年、ニットからシャツを出して着る着方が、流行っていますね。ここで感じるのは、

どれぐらいの長さがちょうど良いサイズなんだろうか?

ということです。

 

実際にね、僕がコーディネートする場合は、「これぐらいの長さにしてください」とお伝え出来るのですが、実際に何センチとかは言われても分からないですよね。

 

実際に、画像を使いながら、これぐらいの長さが良いということを、あなたにお見せに致しますので、御覧ください。

 

シャツとニットの長さの適切な長さ

正面の姿

2016-01-24_003931

正面の姿、裾のアップ

2016-01-24_003953

 

 

後ろ姿

1

 

後ろ姿、裾のアップ

2016-01-24_004021

 

 

僕はシャツ自体が短めの裾が好きなので、ニットからもチラ見せ程度になっています。

画像より、もう少しシャツが長くてもありですね。後は、お好みですが、長すぎるとだらしなく見えるので、お薦めしません。

 

そして、ニットを着るときに、おしゃれに見える着方として、更に意識して頂きたい点がもう2点あります。

 

 

ニットを着るときにはIラインを意識しよう

シルエットが綺麗に見えるIラインコーディネート

着るニットは体のラインに合ったものを特に意識しています。今回のシャツやパンツもタイトなものしています。

これをアルファベットの「I」に見たてて、Iラインと呼ばれているコーディネートです。

 

意識すると体の線が綺麗に見えるシルエットになり、恰好良く見えます。

 

Iラインともう一つ、ぽっちゃりめの方にはそこまでオススメ出来ないのですが、お薦めのコーディネートがあります。

 

 

Yラインコーディネートで、やせ型のコンプレックスを解消して、おしゃれに見せよう

上半身のニットを少しボリュームのあるものにして、下半身のボトムスをタイトなものを身に着けます。

そうすると、Yラインというコーディネートが出来上がるので、こちらもお薦めです。

 

やせ型で筋肉がつきづらい人は、体が貧相に見えないようにYラインを意識するコーディネートがオススメです。

 

冬の時期はコートがボリュームがあるので、自然にYラインが出来ます。

また、薄着のときにも薄いカーディガンとTシャツを組み合わせて重ね着すると出来ます。

 

色を使う場合は、トップスの部分に赤やオレンジなどの膨張色を使うと、よりYラインに見えるので、ぜひ。やってみてくださいね。

 

更にあなたをおしゃれに見せられるコツを知りたい場合は下記をご覧下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください