元ショップ店員が教える店員さんに接客をされづらい方法

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきこと石井雄です。

今回、世の中の店員さんには申し訳ないのですが、接客されたくない人もいると思います。

または、ゆっくり服を見たいから、店員さんに近寄って欲しくない。

 

そんなあなたのために、洋服屋さんに行ったときに店員さんに接客をされづらく、商品を見られる方法をお伝えしていきます。

 

 

元ショップ店員が教える店員さんに接客をされづらい方法

店員さんと対角線上にいるようにする

 

 

店員さんとテーブルなどのものを挟んで対角線に立ってください。

店員さんの立場からするとショップ店員には「声かけ」と言って、話しかけないといけないと決められているので、絶対に店員さんは近づいて来ます。

店員さんと距離のある方に歩きながら、服を見るようにすると良いです。

 

ちなみにあくまで、ご参考までですが、店員さんに話しかけられたら負けみたいな、ゲームの感じにすると楽しいです。

 

少し面倒くさいですが、店員さんと距離感をはかりながら、最終的に出口に行けば話しかけられません。

 

また、次は店員さんに話しかけれずに、商品を見るときのポイントです。

 

 

8~9秒以上同じ商品を見ない

立ち止まって商品を見ていると、店員さんは狙って話しかけてきます。

実際に、何度か計算したところ、10秒を超えてくると、確実に店員さんに話しかけられるので、歩きながら、商品は見ていきましょう。

 

そして、店員さんとは対角線上に距離を取っていけば大丈夫です。

 

次は実際に、店員さんに話しかけられてしまったときの対処法です。

 

 

シャツを探しているんですか?と話しかけられたときの対応方法

商品を見ていると、

「〇〇をお探しだったんですか?」

と商品の名前を出しつつ、店員さんに話しかけられるときがあります。

 

このときも正直に、「いえ、見ているだけなんです」

と言うか、「いろいろ検討中なんで、また来ますね」

と、お断りすればOKです。

 

 

しつこい店員さんもいるので、「また、来ます~」と言って逃げてしまってもOK。

ちなみに、罪悪感は感じなくても大丈夫です、店員さんたちも慣れているので。

 

試着をした後で断りたいのなら、「いろいろ検討中なので、またお願いします」と言えば大丈夫です。

試着した商品は、「戻しでお願いします」でそれ以上は話さなくてOKです。

 

実際に、お店に服を買いに行くときのポイントをご紹介していきます。

 

 

セールや土日、祝日を狙ってお店に行く

セールでは店員さんもてんてこまいで、試着や商品の補充で一人の人につきっきりで接客が減ります。

ですが、ゆったりとした空気が店内に戻るとショップに、入るとすぐ店員さんが寄ってきます。

抵抗ない方は良いのですが、どうしても、

 

ゴリ押しされるんじゃないか?

似合わないものを着せられるんじゃないか?

 

という考えに至ってしまいます。最初から混んでいるときを狙えば良いので、土日か、セール時期に行くことで、お店は混みあいますが、接客はされづらくなります。

 

 

大きい規模のお店で服を買う

 

あらかじめ、大きい規模のお店で買い物をするということもありですね。

店舗が大きいお店ですと、店員さんもあまり近寄って来ません。

ファストファッション系のユニクロさん、GUさん、GAPさん、H&Mさんも大丈夫なので、まずはそちらから行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

いかがでしたか?

店員さんは確実に近寄って来るのが仕事です。

ですが、今日、お伝えしたことを活かして、店員さんを気にせずに、自分に合った服を選んで下さいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください