モテる服装をする前に、におい対策していますか?

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーター石井雄こと、ひゆきです。

 

今回は、自分では気が付きづらい、実は自然と周りから嫌われているにおいについて、お話ししていきます。

 

 

モテる服装を意識する前に、におい対策していますか?

自分の体臭気が付いていますか?

 

 

自分の臭いって案外気が付かないもの。

周りに指摘してくれる人がいれば、良いですが、

 

「〇〇さん、臭いです。」

「〇〇さん、臭います。」

 

と言われると傷つきますよね。

同時に、伝える側も大の大人が誰かを傷つけたくないと思うので、言える人は少ないです。

 

だからこそ、自分で日頃からケアすることが大切になってきます。

 

気が付いたら、自然と人が離れていく前に、臭いは事前に防ぎたいところです。

ハラスメントと名が付くものは多いですが、臭いで周りに迷惑をかけることを、モラスハラスメントと言います。

 

あなたは気が付かない内にモラスハラスメントしていませんか?

これから、モラスハラスメント(通称モラハラ)にならないように、対策方法やNGな方法をお伝えしていきます。

 

 

夏は臭い対策していても、冬も臭い対策していますか?忘れていませんか?

夏場は暑さで汗をかいてしまうもの。

夏場は脇や背中の汗などを制汗スプレーやボディーシートなどで、対策をされていると思います。

 

いや、されていなかったら、ぜひして下さいね。

 

以下の商品など、ボディーシートがおススメですね。

 

ですが、実は冬の方が臭う場合もあります。

 

汗はかいているときから、臭うのではなく、乾いてからが臭います

 

満員電車の中はもちろんのこと、暖房が効き過ぎている室内は、思ったよりも汗をかきます。

 

冬場も臭い対策をしましょう。

 

次からは、間違ったにおい対策について、お伝えしていきます。

 

 

間違った臭い対策とケア

体を洗うとき、ゴシゴシ洗っていませんか?

あなたは、体を洗うとき、ゴシゴシ洗っていませんか?

実は、体をゴシゴシ洗い過ぎると、逆に臭くなります。

 

 

人間の体には、菌が住んでいます。

ゴシゴシ洗うことで、臭いの対策をしてくれている菌が洗い流されてしまいます。

臭いを防いでくれる菌が元に戻るまでに24時間ぐらいかかりますが、その前に悪臭の原因となる菌の方が強いので、洗い過ぎることで、悪臭を放つ菌の方が増えて、臭くなってしまうんですね。

 

 

以下の記事をご参考になさって下さい。

医師が警告「ゴシゴシ洗うほど、あなたの体臭はきつくなる」

 

体の汚れは泡で取れるので、出来ればゴシゴシ洗うのではなく、石鹸やボディーソープを泡立ててから、撫でるように体を洗って下さい。

 

 

香水はNG

臭い対策として、更に強い臭いや爽やかなにおいをつければ、大丈夫。

…と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

香水は汗と混じることによって、化学反応を起こし、きつい臭いがするときもあります。

また、付けすぎることで、体臭がきついよりも、香水臭くて近寄りがたいことも起きるので、臭い対策として、香水を付けること、香水の付けすぎはやめましょう。

 

 

おススメAG+(エージープラス)の制汗スプレーやGATSBY(ギャツビー)のボディシートで、臭い対策しよう

汗と混ざっても大丈夫な、せっけんのにおいのAG+(エージープラス)の制汗スプレー

臭い対策ということもありますが、例外なく、お洒落に気を遣う人はにおいにも気を遣っています

全身が素敵なコーディネートだったとしても、クサいと言われてしまうのは勿体ない。

 

 

なので、ぜひ、臭い対策はしましょう。

次の商品をご覧下さい。

 

クリックやタップで、商品ページに飛べます。

 

AG+(エージープラス)さんの制汗スプレーです。

画像の石鹸の香りの制汗スプレーなのですが、せっけんのにおいが強くなく、汗と混ざっても異臭にならないので、おススメです。

 

また、顔も汗をかいてしまうので、顔を拭けるフェイシャルペーパーもおススメです。

 

 

美肌も意識しよう、化粧水入りのGATSBY ギャツビー フェイシャルペーパー 薬用アクネケアタイプ

次にご紹介するのは、敏感肌の人にもおススメな化粧水入りのフェイシャルペーパー。洗顔ペーパーですね。

化粧水入りで、ニキビ対策にも良いので、おススメです。

 

 

 

洗顔用は顔だけではなく、体にも代用がきくので、使ってみてください。

 

 

臭いケアは周りの人の気遣いと配慮と優しさ

 

周りの人への配慮として、においケアは大切です。

清潔感と礼儀だと思っていて、その一歩を簡単にできるのが、消臭スプレーやフェイシャルペーパーなどのクサさを消す臭いケア

 

 

  • 清潔感を与えるために嫌な臭いを消せる
  • 人に対して失礼にならないようにとの気遣い

 

消臭スプレーやフェイシャルペーパーは、服装を意識する前に、ぜひ行って欲しい身だしなみの一つです。

 

でも使い過ぎには気を付けましょう。汗がひくまで使い続けるとか限度を超えるのやめましょう。何事も適量で行わないましょう。

 

適量でとお伝えしたのも、実は消臭スプレーや制汗スプレーは副作用の可能性もあるからです。

具体的にお伝えすると、

 

  • かゆみが出る
  • ぶつぶつが出る
  • 余計臭くなる

 

こともあります。ずっと使っていれば良いというわけではないので、ご注意ください。

異変を感じたらすぐ病院に行ってくださいね。臭いの元によって何科か違うみたいですが、まずは皮膚科に行きましょう。

臭い対策して、清潔感や身だしなみを意識して、モテる印象に周りの方に持たれて下さいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください