おしゃれ初心者は気を付けたい。黒を使ったコーディネートが難しい理由と使うときにコツ

今回は、黒い服をコーディネートする際に気を付けたいことについてお伝え致します。

実はあまりお薦めしません。

 

おしゃれ初心者は気を付けよう。黒を使ったコーディネートが難しい理由

黒はイケメンはよりイケメンに、地味な方は地味にしかならない色

 

強めの見出しになってしまいましたが、黒をベースとしたコーディネートが絶対に駄目ということではなく、お好きに着れば良いとは思います。

ですが、自分にどんな服が合っているか分からなかったり、組み合わせが分からなかったりするのは危険なので、をを服装に取り入れる場合、どう使えば良いのかをお伝えします。

 

 

黒は他の色を消して暗い印象になる

 

黒を着るときに気を付けて頂きたいことがあります。

黒は他の色を消す色なので、トップスに着る場合、全体の印象が暗めになります。

ですが、パンツに黒を持ってくる場合で且つ、トップスの色が暗めで無い場合は、OKです。

 

ただし、トップスを使う際は、気を付ける点があります。

アウター以外のコーディネートを基本として、

 

 

コーディネートの基本

カーディガン+シャツ+パンツ

 

というコーディネートがあったとします。

割と基本的なコーディネートですね。

 

パンツに黒を使う場合、シャツに少し明るめの色を持って来ると、ほどよく目立つのでお薦めです。

そのとき、カーディガンはライトグレー(明るい灰色)にすると全体がまとまって綺麗めに見えるので、上品で清潔感のある服装になります。

基本のコーディネートを知ってもらえたら、アウターはライトグレーかネイビーのものを合わせましょう。

 

 

トップスを目立たせるときのポイントは、次にご説明する、「コーディネートの二か所以上に黒を使わない」ご覧下さい。

 

 

コーディネートの二か所以上に黒を使わない

 

黒をコーディネートに1アイテム入れるだけでも雰囲気が落ち着いてしまうので、アウターを抜かしたコーディネートの二か所以上に黒を入れると全体が暗くなります。

顔が良ければ落ち着いていて、上品に見える方もいますが、そのような方は少数です。

黒が映える見せ方も難しいので、お薦めが出来ません。

 

 

 

先ほどご説明した基本的なコーディネートをご紹介しました。

 

コーディネートの基本

カーディガン+シャツ+パンツ

というコーディネートの基本をお伝えしましたね。

 

その場合、カーディガンとパンツに黒を使うと、全身が真っ黒に近くなるので、暗めの印象になります。

 

シャツに明るめとは言え、派手目の色を持って来ると悪目立ちするので、やめましょう。

た、逆に全身黒にしてしまうと、怪しさが出てきたり、不健康に見えるので、やめましょう。

 

 

闇雲に自己流で選んだり、とにかく明るい色を使たりするなら、シンプルに白シャツを合わせてみて下さい。

 

どうしても黒が気になる方は、次のような精神状況かもしれませんので、合わせてご覧下さい。

 

 

黒を着たいときに現れる心の声

 

という色は身に付けると、自分を守ってくれる色です。

  • 誰かと会うのが疲れる
  • 気軽に話しかけられたくない
  • 今は誰とも話したくない

 

そんなときに身に付けるのが良いですが、ずっと黒ばかり着続けると気持ちが沈んでいくので、あまり体が良い状態ではなくなるでしょう。

黒を使ったコーディネートをする場合は、たまににすると良いですね。

 

黒を着ると怪しくなる人もいるので、闇雲に黒を着るよりは、下記をご覧下さい。

少なくとも怪しくは見えなくなり、今より変われます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください