全然、バリアフリーじゃないので、バリアフリーを意識しただけでもっとお客さんが増える

今回はコーディネートをしていて、少しお店に対して疑問だったことを、お伝え致します。

 

バリアフリーだともっとお客さんが増える

ショップがバリアフリーではない


Andreas LischkaによるPixabayからの画像

何となくコーディネートをずっとやっていて思ったことがありまして、疑問でした。

お店のスペース狭過ぎじゃない??

2015-01-28_013002

 

ショップは車椅子の方にとって狭い

コーディネートのときに、いつもクライアントさんと歩いて思うんですが、ショップって狭いよなあと、改めて思いました。入口だけは広いですが、店内は狭い店も多い。通路が特に狭いですね。すれ違うとき、車いすで無くても、少しぶつかってしまうお店って多いですね。

商品を多く入れたいこと、限られたスペースであることは分かるのですが、なかなか動きづらいと感じます。

 

ユニクロやジーユーの大型店しか広いと思ったことがありません。

高級店は商品自体を多く並べることは少なく、お店のスペースを広く使っているのですが、

 

改めて考えるとほとんどのショップのお店は広く無いなあって感じました。単純に疑問だったのは、車椅子を使っている方は特に大変だろうなと。

 

ショップで何回か車椅子を使っている方とすれ違ったことはあるのですが、お店自体が狭いので、ただ服を見るだけでも、移動しづらそうだなあと思っていました。

 

バリアフリー化が進んで来て、ショッピングモールなど、入口が平坦な場所は多くなりましたが、店内はバリアフリーじゃないと感じます。

 

オシャレしたい人は山ほどいても、あれではハードルが高い。

 

試着室もそうですね。狭いお店は本当に狭く、更に椅子も無いところも多いので、車椅子からの移動や試着もしづらい。

 

車椅子からちょっとした椅子でも座れる場所に移動出来れば、パンツも履きやすいのにってふと思っています。

 

単純に僕が思ったことなのですが、好きにお店とか見られない方も多いんじゃないかと感じています。

 

更に気持ちがお優し過ぎる方の場合は、気を遣うからってオシャレがしたくても、お店に行きづらい方もいますよね?

 

単純にめんどくさい方もいらっしゃると思いますし、

それでもオシャレがしたい!!

 

方も大勢いるかなと思ったので、今回はいろいろ書いてます。

 

 

誰でも平等にオシャレをして良い!

 

 

オシャレがしたいっていう気持ちは誰だって同じですし、お店が狭いから、お店に入りづらいからっていうだけで、オシャレが出来ないのは、僕としても納得がいきませんし、もし、お店側が配慮出来ないなら、そんなお店は行きたくないですね。

 

ちょっと、熱くなってしまいました( ̄▽ ̄;)それでもみんなにオシャレをして頂きたいなと、ただそれだけの気持ちです。

 

実際、僕は外に行って、オシャレも楽しんでもらいたいのですが、こんな車椅子を使っている方専用と、うたっているオシャレなアイテムがあるサイトもありました。

プリムラカラー

それでも1着で1万円2千円とか正直、値段が高過ぎますし、僕はコーディネートでこの価格帯は、ほぼ選びません。

 

洋服代だけで何万もかかりすぎて、デザインもあまり選べないなら、それはオシャレを楽しめていないので、もし、ひゆきと一緒にオシャレを楽しみたいと思って頂けたら、下記からご依頼下さい。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください