夏に避けたいファッション。涼しくてオシャレなファッションしてますか?

夏の暑さは苦手な僕がお伝えする、ファッションに使える、暑い夏に避けたい色をお伝え致します

 

 

夏に避けたいファッション

夏に避けたい色は黒

寒いのはある程度耐えられますし、重ね着してオシャレを楽しめる冬の方が好きですね。

そんなこの暑い時期に意外と着ている人が多いのですが、実はおススメしたくない服の色があります。

 

さて、どの色でしょう?

僕は暑くて今は着れないですね。そう、光を吸収しやすい色である、

黒!

 

です。太陽の光を吸収してしまう黒は、着ていると一番暑さを感じる色です。

 

と同時に吸収しやすいということは、紫外線は通りづらくて、日焼けをしづらい!そういう良いところも実はあります。

 

敢えて黒の長袖を着る人は分かってやっているので、それはありですね。

日傘とかは表が黒で、裏側が日差しを遮る素材を使っているのはお薦めです。

 

日傘は下記からご覧下さい。

 

黒とは逆に正反対の白は、涼しいんですが、紫外線が通りやすくて、日焼けをしやすい。ちょっとまとめてみますね。

 

日に対しての色の効果

 

黒>茶>紺(黒にいくほど効果が大きい)

  • 暑い
  • 紫外線を通しづらい
  • 日焼けをしづらい

 

白>明るい色(厳密に言うと色によって変わります)

  • 涼しい
  • 紫外線を通しやすい
  • 日焼けをしやすい

 

こんな感じですね。黒は確かに誰でも似合うと思われている色なんですが、それよりも実際は明るい色の方が人は似合うので、着て欲しいな~と。

涼しいので黒や白を着るよりも、青のシャツとかカットソーとかおススメです。

 

 

今の暑い時期だと、日焼けをしないために黒のカーディガンなどを外で羽織る人以外は、黒のアイテムを身に付ける人は少ないと思いますし、Tシャツ着るなら、結局素肌が出ますので暑いだけですね

 

 

日焼け対策に、日焼け止めはどう?

 

理想は明るい服を着て涼しくて、紫外線もカットして日焼けもしないことがベストですよね?

 

そんなときは、日焼け止めを塗るのをオススメします。

 

僕はコーディネートやプライベートでも外に行く機会が多いので、塗りますね。僕が使っているのはこれです。

 

ちなみに、ドラッグストアでも今は安く売っているのでそちらの方が安く買えるかも。

 

やはり日本に生まれたからには、四季にあった服装をして、オシャレを楽しみたいですね。

 

今回お届けしたのは、夏に避けたい色でしたが、オシャレに関しての情報というかプレゼントをご用意しております。

 

下記の方から飛べるマニュアルのページがあります。

そちらから、無料でプレゼントをお渡してしておりますので、良かったらご覧下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください