ファッションが面白いと思った4つのこと

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

今回は、僕自身がおしゃれを好きでいられる理由について、お話ししていきます。

 

 

オシャレを好きでいられる理由

洋服で自分の雰囲気が変わる

スタイリストやマイスタイルコーディネーターになったきっかけ、おしゃれや服に興味をもったきっかけは、プロフィールをご覧ください。

 

始めはファッションをずっと好きでいられる理由をお伝えします。

僕自身、服を着るということが楽しいということが一つの理由です。

 

裸で外出するわけにはいかないので、服を身に付けますよね。

ですが、ただ服を着るというよりも、着る洋服によって、自分の顔の色が変わって、輝いて見えたり、雰囲気が変わったりするのが僕の場合は服が好きな理由ですね。

自分での変化を感じることが出来るのが、理由です。

 

同じ服を身に付けるということ

 

同じ服を長く着ることは大切です。

実際に、服には作り手の人がいて、どんな服でも人の手が入っているので、大切に使いたいですし、自分がずっと使うことで、自分に馴染んでくれる服にしたいなあと。

 

ですが、いつまでもぼろぼろな服を着ているわけにもいきません。

服を大切に扱うことは大事ですが、ぼろぼろになるまで着てしまうのは、単に服に関してめんどくさがり屋な性格が出てしまっているので、大切に扱っているわけではありません。

 

ですので、ぼろぼろになっていたり、クタクタになってしまっていたら、「今までありがとう」と服に感謝して捨てています。

今までの自分と一緒に居てくれた服に感謝して、新しい服を迎える準備ですね。

 

自分の成長とともに、服も育てている感じです。ある程度したら、手放すことも重要です。

 

次の項目にも繋がることです。

 

 

心機一転出来る鎧

 

ずっと同じ服を着ていることも大切ですが、いろいろな洋服をまとって、心機一転することもすごく大切で、面白いです。

 

僕はいろいろな服を平等に着るのが好き。

自分の気分によってコーディネートするのはすごい楽しいですね。

 

今日は、仕事で大勢の人の前で話すから、自分の言葉が相手に届きやすいように青の服を着よう。

今日は、やる気を出したいから赤の服を着よう。

今日は、初対面の人と話すから、オレンジの服を着よう。

 

更に色だけではなく、無地、模様などのデザインを上下で合わせて選んでいくのが楽しいですね。

 

また、同じ服であっても、人によって輝ける服装は変わってきます。

 

 

人によって似合う服が存在する

 

似合わない服って実は存在しません。

 

でも人によって、ものすごい似合う服って絶対にあるんですよね。

街行く人たちを見ると、今着られている服より似合うのってあるのにってよく思います。

勿体無いって。

 

よく僕はカフェから街行く人たちを眺めながら、コーディネートの勉強をします。

 

自分に似合う服を知っている人って意外と少ないですが、街中で見ていてもよく思う。

 

着たい服と似合う服は違いますから。

 

自分が着たい服と似合う服って違う

 

自分が着たい服と似合う服が違うことは、意外と知られていないことです。僕自身、誤解していた時期もありました。

 

自分が好きな服を着る=お洒落につながる

 

基本的には、自分の好きな服を着れば良いとは思いますが、もっと似合う服もたくさんあるのにと思う場合も多いです。

 

そもそも似合う服を着ると背筋が伸びて姿勢良く見えて顔も輝いて自信があるように見えるんですね。

 

もし、貴方がおしゃれ、服ですね、に興味を持ってくれたり、今までの自分を変えたい、変わりたい、そんなお手伝いが出来るようにブログを開設しました。

これからよろしくお願いいたします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)