夏から秋の中途半端な季節のときの服装はどうすれば良いのか?

今回は、中途半端な季節のときに着るものはどうすれば良いの?

ということで、季節の間の中で一番困りがちな、夏から秋にかけての少し涼しくなって来た季節のコーディネートをお伝えします。

 

 

夏から秋の中途半端な季節のときの服装はどうすれば良いの

コーディネートの組み合わせをご紹介

トップスの例

トップス(上半身に着るもの)に秋らしいアイテムを持ってきます。

薄いジャケットを一枚持っていると便利です。少し暑くてもインナーを薄い記事にすればOKです。

画像の場合は、ジャケットに合わせているのはカットソーです。

 

色は、秋らしく紅葉と言うと分かりやすいと思いますが、濃い赤い色である、バーガンディー(濃いめの赤)の半袖のカットソーを合わせています。

 

また、ジャケットはチャコールグレーやネイビーをお使い下さい。

ジャケットにはカーキのカットソーを合わせたり、ジャケットの代わりにグレーのカーディガンを羽織っても良いですね。

 

 

まだ、少し暑さが残っている場合は、少し暗めで明るい色のインナーがお薦めです。

真っ青など強くて明るい色ですと、夏っぽくなり過ぎてしまいますので、ご注意を。

 

次に合わせるボトムスをご紹介致します。

 

 

ボトムスの例

ボトムス(下半身に着るもの)に少し暑さが残っているときに、着ると良いクロップドパンツ(半端丈のパンツ)を持って来ます。

 

まだ、少し暑さが残るので、多少裾が短いパンツを履いても違和感はありません。

ですが、短過ぎるパンツはNGです。

ショートパンツ(膝上とか膝すぐ下)などの短いパンツは夏過ぎて、季節感が無い服装に無頓着だと思われるコーディネートになってしまいますので、控えて下さいね。

 

 

中途半端な季節は季節を組み合わせてコーディネートするとGOOD

今まで画像でもお伝えしてきましたが、上半身に秋物を使って、下半身に夏物(と言っても夏過ぎない)服装をすると、OKです。

極端な半袖は避けた方が良いしょう。

半袖シャツはかなりカジュアルな印象になり、夏らしくなってしまうので、インナーを着て長袖シャツ一枚、袖まくりで着るのもありですね。

 

 

画像の通りで、シャツは袖まくりをして着るのありです。

ボトムスはクロップドパンツでOKです。

 

 

更におしゃれに慣れるコツを知りたい場合は、下記に進んでもらえるとプレゼントをお渡ししております。

誰でもおしゃれになれるコツが分かるプレゼントをお渡ししているので、下記にあるマニュアルのページをご覧下さい。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください