ブタ鼻と呼ばれるリュックの部分、使い道や意味、知っていましたか?

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきこと、石井雄です。

 

前回、ご紹介したクライアントさんであるUさんからある聞かれたことを、今回ご紹介していきます。

 

前回のUさんのコーディネートはこちらからご覧下さい。

オシャレ旅を楽しもう!

 

 

リュックの謎の部分である、ブタ鼻知ってますか?

ブタ鼻とはリュックのどの部分なのか?

 
ryuku

 
アップでご紹介。ブタ鼻とはこの部分です。リュックでよく見かけますね。

名称はブタの鼻に似ているから、という理由で「ブタ鼻」と呼ばれる部分です。

 

実際に、このブタ鼻、何に使うのか?

 

 

ブタ鼻の使い道とは?

 

では、リュックに付いている豚ブタはどう使うのか?

画像に大ヒントが載っていますが、早速お伝えしていきます。

 

実はご覧頂いた、カジュアルなリュックサックでは、ただのデザインです。

何も使わないんですね。

 

 

元々、リュックサック(ナップザック)は登山用として作れたもので、実はブタ鼻は登山で使う、ある道具を縛り付ける

部分なんですね。

 

何を縛るかというと、ブタ鼻にバンドを付けて、ピッケルを縛り付けます。

ちなみに、ピッケルはこのようなものです。

 

 

ブタ鼻は雪での滑り止めと滑った後に崖から落ちないように削る、つるはしのようなピッケルをくくり付けるための部分なんですね。

 

元々、リュックサック(ナップザック)は、山登りの用途で作られていたものなので、その名残が残っているわけなんですね~。

 

 

ブタ鼻の謎について

 

ブタ鼻は、登山用のリュックサック(ナップザック)では、命を守るための道具の一つである、ピッケルをくくりつける部分です。

 

そして、カジュアルなリュックでは名残があるだけで、使い道は無くデザインの一つになっています。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください