誰でも3分で学べるトップスを綺麗にたためる方法 動画と画像付き

今回は動画や画像を見ながら誰でもすぐに3分で出来る、ボトムスを綺麗にたためる方法をお伝えしていきます。

 

誰でも3分で学べるトップスを綺麗にたためる方法

ニットやシャツなどのトップスのきれいなたたみ方を動画でご紹介

 

動画とともに、画像でもニットとシャツのたたみ方をお伝えしていきます。

 

 

簡単に出来るニットのたたみ方を画像でご紹介

 

 

台になるテーブルを用意します。服が置けるなら、何でも大丈夫です。

ニットを裏返しで置きます。このとき、袖や裾は伸ばした状態にします。

 

 

画像では左の袖を真っすぐ横に置いていますが、右からでも構いません。

 

 

真っすぐ袖を折ったら、更に90度袖を下に折ります。

 

 

更に、先ほど折った袖と逆の袖を同じように真っすぐ折ります。

 

 

更に逆と同じように、90度下に袖を折ります。

 

 

始めに折った側を横に折り込みます。

 

 

逆側も同じように折ります。このときに、左右対称にすると、綺麗に畳むことが出来ます。

 

 

裾の方を持って、首元の方に折ります。

 

 

重ねて表にすると完了です。お店に売っているように綺麗にたためました。

 

続いては、シャツの綺麗なたたみ方も画像でご紹介していきます。

基本的な流れはニットと同じです。

 

簡単に出来るシャツのたたみ方を画像でご紹介

 

それでは簡単に出来るシャツのたたみ方をご紹介していきます。

ボタンを留めないと綺麗に折るのが難しいので、全てのボタンを留めるか、首元の第一ボタンを留めて、一つ置きに止めてもOKです。

それでも一番下のボタンを留めると楽になるので、一番上と一番下は必ず留めて下さい。

では、改めて、シャツのたたみ方をお伝えしていきます。

 

 

 

まず、シャツを裏返しにします。このとき、袖や裾は伸ばした状態にします。

 

 

ニットと同じように、画像では左の袖を真っすぐ横に置いていますが、右からでも構いません。

 

 

真っすぐ袖を折ったら、更に90度袖を下に折ります。このとき、ニットに比べるとシャツは生地が薄いため、少し折りづらいので、しわを伸ばしながら折って下さい。

 

 

更に、先ほど折った袖と逆の袖を同じように真っすぐ折ります。

 

 

右の袖と同じように、90度下に折ります。

 

 

左右の袖を折りこんだ後は、最初に折った方を更に中央に折り込んでいきます。

 

 

片方を折り込んだら、もう片方を折り込んでいきます。

 

 

反対側も同じように中央に折り込みます。このときに、ニットと同じようにちょうど半分に折れていると、最後にすっきりと綺麗に折れています。

 

 

そして、裾の方を持って、襟の方に折ります。

 

 

綺麗にたためましたね。お疲れ様でした。

 

 

 

また、更に半分に折ることによって、カラーボックスなどに縦に収納出来ます。

服は重ねておくと重みで固定されてしまい、伸びてしまったり、形が崩れたり、しわが出来た状態になってしまうので、縦に置くのもお薦めです。」

 

また、重ねることにより、上から見てどの服が判別出来るので、お薦めです。

 

ぜひ、やってみて下さいね。

 

トップスだけではなく、動画や画像でボトムスも綺麗にたためる方法が知りたい場合は、下記からご覧下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください