世界で一番美しいブーツ

世界で一番美しいブーツを作成している、合同会社峰亜代表、兵頭峰(ひょうどうたかし)さん。

ブランドはAdel Mamishという素敵な名前です。

今回は、経済産業省後援のクールジャパンに選出、イギリスのファッション誌に掲載された兵頭さんや作品をご紹介いたします。

世界で一番美しいブーツご紹介

兵頭峰さんプロフィール

  • 兵頭峰(36)
  • 合同会社峰亜代表
  • 自社ブランドAdel Mamishにて着物の帯を使用したブーツの制作
  • 経済産業省後援のクールジャパンに選出
  • イギリスのファッション誌FabUKに掲載される

政府からの後援もある、兵頭さん。作成したブーツが海外誌にも掲載される実績の持ち主です。

兵頭さんの物腰柔らかな姿勢も素敵なのですが、更に、今回僕がぜひご紹介したいなと感じたブーツをご紹介していきます。

 

世界で一番美しいブーツとは?

一人一人に合った世界に一つしかない帯を使ったオーダーメイドブーツ

 

着物の帯を使い、制作されたブーツです。世界で一番美しいブーツというのは、あなたがお持ちの美しい帯を使い、世界のどこを探しても無いあなただけのオーダーメイドブーツが出来るということです。

お一人お一人の大切な帯を使うので、コレクションとしてブーツを保存しても良いですし、自分の相棒として普段使いのアイテムとしてお使い頂いてもOK。

 

もちろん、ソールやブーツの中にもこだわりがあり、兵頭さんのお客様を大切になさっている想いが詰まっています。

 

 

兵頭さんとやり取りしているときに、ご本人が仰っていたことなのですが、

デザインの邪魔になるので中にブランドのタグを付けています!

ブランド名はひっそりと靴のなかに記載されています。

デザインや履く方のことを考えての配慮も素敵ですね。

 

ご自身のブランドコンセプトにも記載されています。

現代に於いて着る機会が少なくなった着物、帯を新しい伝統文化の形としてブーツに仕上げました。

着物のリメイクが当たり前にはなっていますが、「着る」ものではなく「履く」ものを作り上げることに多少の抵抗を今でも感じています。

​しかし、文化への冒涜ではなく敬意を払いながら制作をしています。

この帯のブーツは世界一美しいブーツです。

日本の伝統文化である帯から作られたブーツはどのラグジュアリーブランドにも負けることはありません。

【伝統文化の推進、そして新しい伝統文化の形を作る】

これをコンセプトとして世界に誇れるブーツを作っていきます。

 

代表 兵頭峰

 

昨今、日本の伝統文化が失われている中で、帯として使われなくったものを伝統文化を継承しつつ新しいブーツとして、時代に合わせて生まれ変える。

兵頭さんご自身が帯を「着る」から「履く」ことへの変化に抵抗があるからこそ、簡単に考えて新しいものにするのではなく、元々の伝統文化に敬意を払うことが出来るのではないでしょうか。衣食住の最初に来る「衣」の部分に再びスポットライトを当て、ものと文化を大切にする意識も持たせてくれるブーツです。

 

世界で一つだけのブーツを作成したい方へ

兵頭さんのサイトご案内

ご紹介したブーツなのですが、あくまでオリジナルブーツの一つです。二つと同じものはなく、全てオリジナルで世界にあなただけの靴になります。各部採寸後に制作に取り掛かり、納期は約2か月後とのこと。

ご自身、店舗をお持ちではなく、日本全国、お客様のところに赴いていらっしゃいます。

兵頭さんのサイトへお問い合わせしてみて下さいね。

https://www.adel-mamish.com/

 

ちなみに、着物のリメイクも行っているようです。

兵頭さんのTwitterのDMからもメッセージでお問い合わせ出来ます。画像からTwitterへ飛べるのでご覧下さい。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください