執事の館に行けるプチプラコーデ~レディス編~

お帰りなさいませ。お嬢様。

今回は、執事の館に行く際に、お嬢様がどのようなファッションコーディネートで行けば、より楽しめるのかをご紹介致します。

 

 

執事の館を楽しめるためのお嬢様向けのファッションコーディネート

お坊ちゃまのファッションコーディネートは前回ご紹介

 

 

前回、執事の館にご帰宅なさるお坊っちゃまには、せっかくなので恰好良くご帰宅して頂こうとコーディネートのご提案をさせて頂きました。

 

春から夏にかけて、執事の館に行けるお坊ちゃまプチプラコーデ~メンズ編~

 

※執事の館の概要、リンクも前回、僭越ながらご紹介させて頂きました。

 

 

お嬢様とお坊ちゃまの一緒にご帰宅なさる場合

 

前回のお坊っちゃまのコーディネートでございますが、プチプラで負担が少ないにも関わらずに、高級感を持たせるということを、意識させて頂いてコーディネートをご紹介致しました。

 

執事の館にお坊っちゃまだけでご帰宅なさるのは、まだ少ないと感じておりますので、お嬢様の主導でお坊っちゃまもご帰宅なさると思います。

お坊っちゃまを恰好良くさせつつも、お嬢様は更に綺麗にご帰宅くださいませ。

 

執事の館にご帰宅される際にお嬢様は更にお綺麗に

 

私の方からはお嬢様にプチプラでコーディネートをして頂きつつ、元々、お綺麗だとは思いますが、更にお綺麗になって頂き、ご帰宅なさって頂き、執事の館を楽しんで下さると嬉しいです。

 

ここからは私のエスコートで、お嬢様をコーディネートさせて頂きます。早速、コーディネートをご覧くださいませ。

ワンピース

 

(ネイビーかカーキかキャメルをお選び下さい)

春夏ということで、動きやすく涼しさを兼ね備えたワンピースはいかがでしょうか?

色は、少し色味のある上品さのあるネイビーとカーキをご提案させて頂きます。

 

また、ワンピースには次のカーディガンを合わせてみてはいかがでしょうか?

 

カーディガン

 

(グレーをお選びください)

ワンピースと同様に、お嬢様にふさわしい上品なアイテムをご提案致します。

カーディガンと言っても普通のカーディガンではございません。

 

少し透け感のある、上品に見えるカーディガンです。

既に上品なお嬢様の品格を更に上げてくれるアイテムです。

 

また、ワンピースだけでは、室内で少し肌寒いときもあるかと存じます。

その際に少し羽織って頂いてもよろしいかと。

 

続けて、お足元もしっかりと、ということで、お靴をご提案させて頂きます。

 

シューズ

(ライトブルーをお選び下さい)

上品なお色で明るいお色がお嬢様にはお似合いです。足元には、ライトブルーのパンプスをパンプスをお選び致しました。

 

ですが、繊細なお嬢様の足なので、ヒールの高めの靴が苦手でしたら、次の靴をご覧下さい。

 

(ピンクベージュかベージュをお選び下さい)

 

こちらは、足元に負担のかからない靴です。また、お色も女性の美しさや品の良さを上げる、ピンクベージュやベージュを選ばせて頂きました。お嬢様には、既に上品なので、品の良さを上げる必要は無いかもしれませんが。

 

最後に、首元を華やかに彩るネックレスをご提案させて頂きます。

 

ネックレス

最後に、首元にネックレスをご提案させて頂きます。

あまり、見ないデザインですし、お嬢様の首元を華やかに見せてくれるオリジナリティ溢れるネックレスです。

良かったら、お召しになって執事の館にご帰宅下さいませ。

 

 

お嬢様には柔らかい日差しに負けないような、温かい雰囲気を醸し出せるコーディネートを

お嬢様は大人の素敵な女性ですので、一目で素敵な女性とお分かり頂けるように、服で華やかに演出して頂けるコーディネートをさせて頂きました。

プチプラですが、高級感や上品さを出しつつも、麗らかな昼下がりでもお出かけ頂けるような、普段着にもお使い頂けるコーディネートに致しました。

少しヒールが高いパンプスを私が選んでしまったので、お嬢様に抵抗があるようでしたら、少しヒールが低いものの方をお選び下さいませ。

 

お召し物に関しましては、少し色を使いつつも、爽やか且つ、エレガントさを演出出来るものお選び致しました。

 

今回、ご提案させて頂いたお召し物でございますが、楽天市場様を使わせて頂き、プチプラとお伝えしましたが、高級感をお出しするために、アクセサリーであるネックレスは少し良い物を、選ばせて頂きました。

 

胸元を彩るアクセサリーはコーディネートの中でも、重要ですので、ネックレスをファストファッションでプチプラにしてしまいますと、せっかく魅力的なお嬢様の服装もチープに見えてしまうので、少し良い物を選びました。

 

勝手に選んでしまったこと、申し訳ございません。ご了承くださいませ。

 

せっかくご帰宅なさるなら、素敵なコーデで、私のコーディネートはいかがでしたでしょうか? お嬢様のために選ばせて頂きました。

 

お嬢様が執事の館にご帰宅なさるということで、私も遠くから見守っております。

後は、名古屋の執事たちにお任せ致しますので、素敵な時間をお過ごしくださいませ。

 

また、更に特別に、私がファッションコーディネートをさせて頂く方法もございます。

お嬢様のオンリー1であり、魅力的に見せられる服装がご入用でしたら、下記からご依頼下さいませ。

今よりおしゃれになれるファッションコーディネートお申し込みページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください