諦めたらそこで試合終了。

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

 

始まりは、確かにここからからもしれない。自分で格好良いと思って、自分は何でも出来て、可能性が無限に広がるんだって。

自分勝手で周りから見たらおかしいオーラに包まれて生きていた。黒い厨二病オーラに。

大人は誰でも少なからず悪くて、大人は自分たちのことを理解していなくて、大人は何でも押し付けてくる。

そう思ってた。

 

でもそんなのって独りよがりの周りが見えてない視野の狭い子供でしかない。

 

嫌なやつはいる。

 

確かにどこでもいる。でもそんな相手に付き合っていたら、自分も同じレベルまで落ちるだけ。

 

そんな人生つまらないでしょ?

 

愚痴愚痴言う暇があるなら、自分を褒めろ。自分に感謝。誰かを褒めろ。誰かに感謝。よっぽど良いでしょ?気持ちが良いしね。何かに失敗したら、素直に謝ろう。

 

ごめんなさい

 

その一言が大事で大切。

でも、その後に一言。

 

ありがとう

 

を言う気持ちを持ちましょう。

 

先生や上司に叱られたときは

「言いづらいことを仰ってくれてありがとうございます」

これが言えるかどうかで、貴方に経験値が入って来ます。

この積み重ねで貴方のレベルが上がり、良いことが多く押し寄せてきます。

「なんだよ、いつも叱りやがって」

「何で俺ばっかり」

「あいつウザい」

 

なんて言葉ばかり言っていたら、せっかくの経験値を得られる機会がなくなり、レベルが上がりません。

 

誰かを悪者にして、自分のわがままな正義を貫きとおしていませんか?

僕自身、いじめを受けたりして、今でもたまにそのときの様子がフラッシュバックするときもありますが、いじめた相手のことはどうでもいいかなとという感じです。

 

不幸は願いませんけどね、時間がもったいないですし、他の人にはもしかしたら優しく接しているのかもしれません。

相手に不幸になって欲しいという願いは、巡りに巡って自分に戻って来ます。

 

そもそも、これからの人生で会う機会はないでしょうし、特に考えることもないかな。

 

僕自身も誰かを傷つけたことはありますし、これからも傷つけてしまうこともあるでしょう。知らない間にも傷つけているかもしれません。

 

でも僕や貴方には謝る言葉があります。喋れなくても伝えることが出来る意思があります。

 

少し、意識を変えてみませんか?

 

自分に感謝して、他人に感謝して、誰かを恨むのはやめて、自分が楽しくなりましょう。

そもそも、誰かの悪口ばかり言っている人は、顔も悪くなってくるんですね。

 

人相が悪くなる人もいますが、まとうオーラが不気味になって来る人もいます。顔色が悪くなる人もいますね。

 

既にコーディネートのご依頼を受けている方たちは、以前よりも顔が良くなっています。それは確かです。

そして、似合う服を提案させて頂いたので、より顔がキラキラしてきます。

 

これが僕にとって、

 

心と外見を、お洒落にするというコーディネートなんです。

 

何か、今更根本的なことを語ってしまったな。諦めなければまだ、変えられます。

見た目からも心を変えられますし、心からも見た目を変えることが出来ます。さあ、一緒に楽しく生きましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください