外見だけではなく、ビジネスも心も磨ける40代男性会社員のコーディネート

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

 

40代のおしゃれは少し若者と比較すると難易度が上がります。

 

何も考えずに、色を使い過ぎるとただの若作りになりますし、

かと言って、モノトーンコーデと勘違いして、暗めの色で全体をまとめてしまうと、ただの地味な服装になります。

結果、おっさん、おじさんぽい服装と周りから言われる服装になってしまう。

 

今回、ご紹介するコーディネートは、30代後半からでも使えますが、40代の方で、自分がおっさんだなあと思う方に向けて、今日の記事は特にお届けしたいです。

 

登場してくれるクライアントさんのtomoさんのように、恰好良く、誠実に、頼りがいのあるように見える、コーディネートをご覧ください。

 

40代で神奈川在住の会社員のtomoさんのコーディネート

 

都心から電車で40分ぐらいで着く閑静な住宅街。

八王子市にある、南大沢という駅にあるアウトレットが今回のファッションコーディネートの舞台です。

 

tomoさん登場、そしてコーディネートへ

 

画像はスタバでデカフェを飲みながら、tomoさんとコーディネートのヒアリングをしているところです。

 

今回は、ファッションコーディネートの年間契約ということで、冬物に関して、

 

  • どれぐらいのバリエーション(何日分)の服が必要か?
  • どのアイテムが必要か?

 

をお聞きして、アウター(コート)と靴を選んだ後、アウターと靴に合うシャツとパンツを選ぶことになりました。

 

いつもクライアントさんが疲れないように、スムーズにコーディネートが出来るようにある程度は事前に、服装のご要望をお聞きして、下見をしています。

 

下見後に、スタバで仕事をしているところへtomoさんには合流して頂けました。

 

ヒアリング後に、早速、服を選びに行きます。

 

 

お店を巡り、今回のtomoさんに合った服を探し、見つけた服を早速ご覧ください。

(遠くを見つめるtomoさんをぱしゃり)

 

 

tomoさんのBefore After

 

※左がBefore(秋物)で右がAfter(冬物)

 

After着用アイテム

  • ノーリーズのネイビーコート
  • ビームスのグレーニット
  • ノーリーズのブルーチェックシャツ
  • ディッキーズのカーキパンツ
  • ラルフローレンのスニーカー

 

今回、tomoさんにコーディネートした服なのですが、全体を3色に抑えています。

 

厳密に言うと、4色以上でも配色によって、似合う見せ方があるのですが、原則、3色までを意識した方が、簡単におしゃれが出来ます。

 

今回のコーディネートの場合、コートがネイビー、シャツが青、靴も青で、青系統の配色。

ニットがグレー。パンツがカーキと緑系統の配色。

 

3色の色の系統で揃えてみました。コーディネートをするときに、配色で迷った場合は3色を意識するのが、おススメです。

 

 

一番おススメな配色は、パンツが黒で、コートがグレーなど、2色が暗くなってしまった場合に、1色を明るい色にすること。

全体をモノトーンのコーディネートなどの、シンプルな服装にして、コートに赤を着るなどはオススメです。

 

3色コーディネートを意識してやってみましょう(^O^)

 

次は今回、コーディネートを受けてくれたtomoさんに頂いたご感想です。

 

tomoさんのご感想には、コーディネートの特徴や、僕自身が怪しい人間では無いこと(笑)が、書かれているので、ご参考までにどうぞ。

 

 

tomoさんから頂いたご感想

先日のコーディネートありがとうございました。

遅くなりましたが、コーディネートの感想を送りたいと思います。

 

今回は3回目ということで、もう緊張することもなくひゆきさんに会えるのがただただ楽しみでワクワクしながらいつもの南大沢駅に到着しました。

 

コーディネートに関しては完全に信頼しきっているので自分で考えることは全くなく、おおまかにどんなアイテムが欲しいかを伝えるのみで100%お任せです。

 

今回はアウターとそれに合わせたパンツとシャツと靴をコーディネートして頂きました。

 

しかも、前回の秋のコーディネートにも合わせられるように考えて頂いたので、さらにコーディネートの幅が広がりました。

 

今回選んだパンツはカーキ色で、折り目の入ったシルエットがきれいなタイプです。

自分では絶対に選ばない色とデザインです。

 

自分のセンスでは選ばない服を着ると初めは必ず違和感を感じるのですが、試着して鏡を通して見るとなぜかそこには見覚えのある顔のおしゃれなおっさんが立っていました。

 

そしてシャツはブルーのチェック柄です。

 

チェック柄って難しそうで、今まで何度も失敗して来たのでちょっと不安になりましたが、試着した姿を見たひゆきさんの「良いですね!」の一言であっけなく不安は自信に変わりました。言われてみるとたしかに良いです。

 

アウターは黒のスッキリとしたシルエットのおしゃれ感満載のジャケットです。

襟のデザインがかわいい感じで果たして自分に似合うのか不安になります。

 

しかし試着した姿を鏡で見たらここにもおしゃれなおっさんが現れました。

 

自分で選ぶとだいたい最初のイメージとは違いガッカリな感じになってしまう事が多いのですが、ひゆきさんの選ぶ服は自分の想像の遥か上をいく仕上がりになり、期待以上の結果でついニヤニヤしてしまいます。

 

靴についてはどんな靴がほしいか聞かれたので、今まではおしゃれというよりも実用的なスニーカーばかり買っていたので今回はスニーカー以外でお願いしました。

 

しかしひゆきさんに勧められたのは、鮮やかなブルーのデニム生地のスニーカーでした。

スニーカーですがとても上品な見た目でやはりひゆきさんの「コレ似合いますよ!」の一言で即決です。

 

その結果、超おしゃれなおっさんが誕生いたしました。

ありがとうございます(*^^*)

 

ひゆきさんには常にこちらに負担の無いようにきめ細かく気を使って頂いて、ただただ楽しい時間があっという間に過ぎていく感じでした。

 

コーディネート後にはお茶しながら色々なことをお話し出来て、さらにビジネスの相談まで乗って頂きちょっとコンサル的なことまでして頂きモチベーションまで上げて頂きました。

 

ひゆきさんとお話ししているととてもいい気持ちになりますね。

見た目だけでなく心までコーディネートしてもらえたような気がしました。

(うまいこと言っちゃった^^;)

これならみなさんリピーターになるのも納得です。

 

人を喜ばす仕事をするということは簡単なことではないですが、ひゆきさんを見ていると

スマートに無理なくやっているのでとても簡単そうに思えてきます。

 

ひゆきさんのコーディネートを受けるとビジネスの勉強にもなってしまいますね。

自分もこれからはそんな仕事をしてみたいと思った一日でした。

 

ありがとうございました(^^)

 

PS:

なぜかひゆきさんと会うと毎回起こる不思議なことが今回も起きました。

自分のブログのアクセスが爆発的に増える現象です。

今回もコーディネートの日から三日間アクセスが倍増しました(^^)

なにか目に見えないパワーを感じてしまいます。

 

ーーーーーーーーーーーご感想ここまでーーーーーーーーーーー

 

tomoさん、ご感想ありがとうございます。

年間契約を頂いているtomoさん、今回のコーディネートは夏・冬と続き、三度目です。

 

やはりtomoさんには、気が付かれてしまいましたか…

 

目に見えないパワーを!

 

なんて、冗談です(笑)

 

コーディネートはクライアントさんに喜んでもらうことを、

意識しているので、喜んでもらわないと困ります(笑)

 

コーディネートでおしゃれになって、喜んで頂くのは、当然として、服装を選ぶ過程も楽しんでもらっております。

 

確実におしゃれになれるサービスだと思ってお申し込み頂けていても、おしゃれになれるだけでは、意味がないからです。

おしゃれになった先で、自分でおしゃれを学ぶことが出来たり、コーディネート中にも楽しく無いと意味がないので。

 

「白シャツを着てください、次はチノパンを着てください」

「では、白シャツとパンツを買ってください」

 

淡々としているサービスだったり、コーディネートする側が圧力があったりするのは、面白く無いし、退屈だし、受けていて辛いですから。

 

 

服装を選ぶ過程も楽しんで頂きつつ、おしゃれになれる服を持ち帰って頂く。当然のサービスなんですね。

 

tomoさんはご自分でおっさんと仰っていましたが、

僕は恰好良いおっさん。

 

いえ、恰好良いおじさまを増やすこと目的です。

 

40代の周りに配慮や気遣いが出来て、優しくて恰好良いおじさまが増えれば、同じ職場の人も仕事がやりやすいと思うんですよね。

 

ぜひ、憧れる先輩になって頂きたい。

 

周りに怒鳴り散らし、理不尽に怒る。

そして、臭くて、だらしない。

 

休日は、家にずっと居て、だらだらしていて、奥様や娘さんに、邪魔者扱いされてしまう。

 

悲しいお父さんであり、旦那さまから、恰好良いお父さん、恰好良い旦那さま。

 

どんどん増やしていきたいんですね。

 

40代のおっさん、いえ、素敵なおじさんになるために、おしゃれになりませんか?

 

おしゃれになるのって、モテるだけではないんですね。

 

もちろん、異性や奥様、パートナーさんに、

「恰好良くなったね」

と言われるのは、嬉しいでしょう。

自分の好きな人に褒められるのは、嬉しいですから。

 

ですが、40代ともなると、周りの人間関係にも、配慮が出来る服装をしたいもの。

 

ただ、好きな服だけを着ているよりも、周りの人も喜んでくれる服装がおススメです。

 

上司からは、

「あいつ、最近、顔つき変わって仕事も出来るな」

 

部下からは、

「先輩、最近、仕事バリバリやって結果出してすごい」

 

と思われる服装が重要です。

もちろん、スーツを変えることも重要ですが、プライベートの私服から変えることで、簡単に顔つきを変えて、仕事もバリバリこなせる集中力が付きます。

 

服装を変えるだけなので、簡単なんですね。

 

仕事では、

「仕事が出来て、結果を出していてすごい」

プライベートでは、

「恰好良くなった」「最近、恰好良いよね」

 

と言われるコーディネート、いかがでしょうか?

 

新しい自分の発見があるコーディネートを受けて見たい場合は、

こちらから、お進みください。

 

 

PS.

tomoさんとは、実はサイクリングという共通の趣味があります。

 

サイクリングに関して、バイクや掃除など、

メンテナンスに関しても載っている便利で面白いブログなので、ロードバイクにご興味があれば、どうぞ^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)