おしゃれという言葉が頭の片隅にも無い、15年前のプライドの高い卑屈ないじめられっ子だった俺の人生が今すぐ好転するおしゃれ法則。

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

 

先日、ある友人の記事を読んで、面白い!

と思ったので、やってみます。

もし、ご自身で当てはまることがありましたら、共感して頂けば嬉しいです^^

 

※昔の自分に宛てたので、少し言葉が普段より、乱暴なのでご了承ください。

 

 

おしゃれに無頓着で、卑屈で嫉妬深かったいじめられっ子だった自分へ

 

 

おしゃれに無頓着で、卑屈で嫉妬深かったいじめられっ子だった自分へ、

今、15年後の俺が言いたいこと。

 

 

いじめられたままで良いのか、行動しろ!

 

お前、良いのか。いじめられたままで。いじめられて学校から帰って、トイレで泣いてるだけじゃ何も変わらないんだぞ。

 

友達が相談に乗ってくれる状況は、まだ良いが、このままじゃ何も変わらないんだ。

 

 

まず、行動だ。

お前が動けば状況が変わる。

お前が動けば見えている世界が変わる。

 

お前が動かない場合、世界は何も変わらない。

 

 

相談に乗ってくれたって、誰も友達は助けてはくれないのだから。

 

 

いいか、まず見た目から変えろ。

服装を変えれば確実に自信が付く。

 

 

お前の卑屈で妬ましい性格は、学校から帰ったら引きこもって、ゲームや漫画で自分の世界に閉じこもってるからだ。

 

 

そして、黒の服ばかり好んで着ているからだ。

 

 

黒ばかり着るな!

 

 

黒はストレスを抱えている人が着やすい服だ。

心を閉ざしていたり、自分に自信が無いときに、着たりする。

 

正に、今のお前だ。

 

黒を着続けているのは、気がつかないうちに、自分で自分を痛めつけてるんだ。

 

 

グレーも出来るだけ着るな!

 

 

グレーもそうだ。

グレーは「やる気を失ったままの状態でも良いよ」「今のままでも良いんだよ」

 

だらけてしまっているときや、だらけても良いと思ってしまう色なんだ。

 

プライドの高いお前は、いじめを受けている自分の状況を、曖昧なものにしたいという思いが、自然とグレーを求めてるんだ。

 

明るいグレーを着ているならまだ良いが、お前が身に付けているのは、暗い色グレーだろ。

 

益々、今のお前の状況やお前自身も曖昧な存在になっていくんだ。

 

 

良いか、おしゃれになるには早ければ早いほど良い。

お前は、これから人間的に異性、同姓関わらずにモテるようになる。

 

生涯の友と言える人が10年後には何人も出来てる。

支えあって生きられる素敵な友人たちだ。

 

 

堀江由衣さんや田村ゆかりさんを見習え!

 

 

友人たちは、アニメや声優のことを散々話しても引かない人たちだ。

びっくりするかもしれないが、まだ、堀江由衣さんや、田村ゆかりさんは現役バリバリの第一戦で働いてるぞ。

 

お前がアニメの好きなEDを歌っていた、最近はまっている水樹奈々さんは、紅白に出てて、T.M.Revolutionの西川貴教さんとデュエットしてる素敵な未来だ。

 

 

15年、ずっと第一線で働いているんだ、お前も見習え!!

 

 

これから生きていく中で、こっぴどく恋人に別れを切り出されることもあるが、お前はモテる。

 

プライドが高くて、おしゃれってじゃないって認めるのは酷だが、我慢して聞け。

 

 

そもそも、お前を含めたほとんどの男が、自分は平均以上におしゃれだと思っている、なぜかは分からない。

 

普通だと思い込んでいるんだ。

悪くても中の下という、謎の自信があるんだ。

だから、誰も自分の服装に疑問を持たない。

 

 

おしゃれを意識しない、黒やグレーの服、モノトーンに逃げているお前は、中の下じゃない、下の下の服装だ。

 

 

だが、ここで変われば、上にいける。

人と比較することは、意味がないが、おしゃれは相対評価でもあるから、比較しなくても、勝手に周りはおしゃれな人はおしゃれな人と認めてくれる。

 

外見が良い、おしゃれというのは、人が認めてくれる、

自分を変えるチャンスなんだ。

 

 

そして、その努力の結果が、11年後にまさかのスタイリストになってる。

 

 

そして、15年後には素敵な女性と結婚出来るんだぞ。

 

未来が劇的に変わるのはおしゃれになってからだ。

 

 

外見を磨いて、ファッションを自分の武器にしたからだ。

 

 

良いか、そのやり方をこれから教えるから、素直に聞け。

 

 

まずは、白シャツを買え!

 

いいか、まずは、白シャツを買うんだ。

メーカー?ここはブランドと言ってみろ。

ファッションは形から入っても大丈夫だ。自分の心の中ぐらい、恰好つけろ。

 

 

まずは、無印良品に行くんだ、田無のリビンに入ってるだろ、あそこだ。

 

 

え?

 

 

スーパーの服じゃないのかって?

 

 

確かに無印は元々、西友のプライベートブランドだが、品質も割と良く、デザインもシンプルで使いやすいんだ。

 

行ったらブロードシャツというものを買ってみろ、2980円だ。

少々、高く感じるが、これは良い自分への投資になる。

 

次に言う白シャツを買うんだ。

いいかこのデザインだぞ。

 

洗いざらしブロードシャツ

 

と書いてあるものを買うんだ。

画像の生地だぞ。

よく見ておくんだ。もちろん、携帯に保存しても良い。

 

間違えやすいのは、

 

 

画像の生地のシャツとは間違えるなよ。

 

オックスフォードシャツと言うんだが、オックスフォードシャツの生地だと、ラフ過ぎてしまうから、今のお前の年齢や人生経験重ねていない顔では合わない。

 

 

そして、下に履くのはこれだ。

 

 

ネイビーのパンツを買え!

 

パンツと言っても下着じゃないぞ、ズボンのことだ。

 

時代とともに、言い方が変わるから、今のうちにパンツという言い方になることを、頭に入れておけ。

 

 

次に、ネイビーのパンツをユニクロで買うんだ。

1980円ぐらいだから、お前でも買える。

 

なに?ねいびぃって何か分からない!?

 

 

そ、そうか。悪かった。紺だ紺

 

 

青と黒の間ぐらいの色。

 

 

こんな色だ。

 

 

少し画像だと黒く見えるが、ネイビーって書いてある画像のパンツを履けばひとまずOKだ。

 

ちなみにシャツは無印の白の洗いざらしブロードシャツだ。

 

 

なに、シャツの下に着る服が分からないって。

 

良いか、なんでも考える前にすぐ聞くな。

 

人にすぐ聞く癖は、未来までお前の能力の成長にブレーキをかけている。

 

何でもすぐに聞くのは、自分の頭で考える力が無いからだ。

 

プライドを気にせず、人に聞けることは良いが、少しは自分の頭で考えろ。

 

出来れば、

「◯◯の方が良いですか?」

 

自分で考えた答えを出してから、人に聞け。

自分の考えた案を出しながら質問すれば、高校生や大学生なら、自分で考えていると高評価をもらえる。

 

少し脱線したが、さあ、シャツの下に着るものを言うぞ。

 

 

インナーはこれを買え!

 

インナーは、、、

インナーは、シャツの下に着るものだ。

肌着と思ってもらえれば良い。

 

 

これを試しに着てみろ。

ピンクのインナーだ。

同じようなものを買えば良い。

 

 

最悪、胸元から見えなければ、インナーはなんでもOKだ。

今のお前にいろいろ言っても混乱するから、画像のもので良い。

 

だけど、これだけは覚えておけ。

 

高校生のちょっとファッション分かってるっていう雰囲気のやつが、赤のTシャツが白シャツの外からでも見えてるだろ、しかも透けている。

あれはまずい。最悪だ。

 

 

赤いシャツがもろに見えていたり、透けているファッションは、俺を見て欲しいという自己主張でしかない。

 

赤は身に付けていると、やる気や元気にはなるが、お前はネガティブに関してポジティブで、基本は元気だから、それは必要ない。

 

赤が目立つ服は、落ち込んでるときにやっても逆に疲れるだけなんだ。

今のいじめられているお前が着ると、更に疲れてしまうから、やめろ。

 

 

白シャツとねいびぃ、いやネイビーのパンツで、基本の服装はOKだ。

 

 

くれぐれも黒には手を出すな。

 

 

黒は着るなよ!!

 

いや、着るなよっていうのは、フリじゃない。

ダチョウ倶楽部さんみたいなことは言わない。

 

本当に避けて欲しいファッションなんだ。

 

 

今の厨二病ファッションのお前では、着ない方が良い。

 

 

黒のスキニーと言って、ピチピチで細い黒のパンツが良い場合もあるが、あくまで、それは完全な初心者用だ。

 

 

おしゃれが全然分からない人がやるには良いが、今の俺がお前におしゃれな服装をさせるのに、黒を着るのは、勿体無い。

 

 

白シャツと黒スキニーはただ、清潔感があるように見えるだけで、おしゃれに見えるのは、完全に人によるんだ。

 

背の高い人や、スタイルが良い人には見た目でかなわないんだ。

 

背の高い人を想像してみろ、モデルさんでも良い。

 

お前より遥かに似合うだろ?

 

 

スポーツをやめて、ガリガリのお前では勝ち目が無い。

 

 

だからこそ、お前は上手く色を使え。

 

 

黒まみれの自分から脱しろ。

 

 

無地の白や黒の靴下はやめろ!

 

お前、自分が重大なミスをしていることに気が付いていないだろ。

 

長い無地の白や黒の靴下は、全ての服装を駄目にするんだ。

 

 

どれだけ、似合う服を着ていても、白の長い無地の靴下を履いているだけでアウトだ。

 

だから、こんな靴下をユニクロか無印で買うんだ。

ボーダー(横のシマシマ)の靴下を履くんだ。

くるぶしが隠れるぐらいの靴下を選べ。

 

蛍光色とか選ぶなよ。

 

 

そして、最後はこれだ。

 

 

靴はこれを履け!

 

コンバースというブランドのスニーカーだ。

お手頃価格で、今のお前でも充分に買える。

 

コンバースの白のスニーカーを選ぶんだ。

余計なことをする必要は無い。

白のスニーカーだぞ。いいな。

 

ABCマートやステップ&ステップでも売ってる。

毎週、吉祥寺のアニメイトに行っているお前だ、どちらのお店も近くにある。

 

そこで買うんだ。

 

 

 

え?

 

 

お金を使いたく無いだと、、、

 

 

よし、今から言うことを聞くんだ。

 

 

服装に投資をしろ!!

詳しくはすぐ話す。

 

 

服装にお金を使え、いや投資をしろ!

 

投資。聞き慣れないだろ。

株とかのイメージしか無いと思う。

 

 

だが、お前はモテる未来のために、いじめられた自分が変わる未来のために、自分を変えるためにお金を使うんだ。

 

お前はまだ気がつかないが、学校で学ぶことも同じことだ。

お金を払って生き方を教えてもらう。

 

もちろん、先生だからと言って全員が正しいことは言わないし、ふざけた先生でも正しいこと、必要なことを言う場合がある。

 

学ぶためにお金を払うことも投資だ。

 

投資とは、自分の未来を生きやすく楽しくするために使うお金なんだ。

輝く未来のためにお金を使うんだ。

 

 

お前は人になにかやってもらったり、無料でもらうことを美学にしているが、

 

 

それは違う!

 

 

だって、ただでもらったもののことなんて、何も覚えていないだろ。

 

 

価値を感じたか?

 

下手したら、もらって当然だろと思っただろ?

自分は教えてもらって当然だと思ってるだろ?

 

逆に、お前がお金を貯めて買ったKanonとドリームキャストは、どうだ?

真剣にプレイしただろ。

 

 

心ゆくまでプレイしただろ。

ほとんどのシナリオのEDで泣いたよな。

 

※Kanon 女の子がいっぱい出てくるゲーム(通称ギャルゲー)

 

楽しい思いをするために買っている。

未来を楽しくための行為なんだ。

つまり投資の一部だ。

 

 

自分を変えるために、おしゃれを学ぶことも投資につながる。

 

 

お金を使うことは悪じゃない。

悪く見えるやつは、お金を持っていようが、なかろうが、嫌なやつだ。

 

 

お金を人間の本性をさらけ出してくれる、

叱ってくれるものなんだ。

だから、使うときは真剣に使え。

感謝して使え。

 

 

店員さんは怖くない!!

 

お前に服装への投資のやり方を教えた。

さて、早速、買いに行け、、、

 

 

え?

 

 

店員さんが怖い?

 

 

大丈夫だ。

なぜなら、今日紹介した服が売っている場所は、

 

 

あまり店員さんが、近寄って来ない場所だからだ。

 

 

自分でゆっくり眺めながら、選べば良い。

 

分かってる。お前が初対面の人と話すときに、早口になったり、頭や背中に冷や汗をかいているのは。

 

だから、大丈夫。相手は敵じゃない。

モンスターじゃない。攻撃はしてこない。

レベル1のお前でも出来るクエストだ。

 

 

だから、安心して良い。

だが、店員さんは完全な味方では無い。

 

お店は商品を売らないといけないので、服を薦めて来ることもある。

 

いらない商品は断れ。

 

断るとき、お前のことだ、悩んでしまうよな。

売らないと店員さん、怒られるよなあと考えるお前のことだ。

 

学生時代もいじめられっ子のことを周りの人に言わないのは、仕返しが怖いんじゃない。

 

いじめられっ子が怒られてしまうことが不安なんだろ?

 

お前の気遣いは15年後に、最大の武器になっている。

 

だから、そのままで大丈夫だ。

 

実際に実は、少し店員さんと話さないといけない状況がある。

次に教えるぞ。

 

 

サイズをしっかり見極めろ!

 

服のサイズや靴のサイズは、しっかり見極めろ。

 

正直、お前のようなファッション初心者は、ほぼ全員、自分のちょうど良いサイズが間違えて着ている。

 

シルエット(服を着たときの輪郭)が少しおかしいんだ。

 

どうしても、楽だからと言って、大きめのサイズを選んでしまう傾向にあるんだ。

 

だから、身長168センチ、体重54キロのお前は、

 

全部Sサイズを選べ。

Mサイズは普通じゃない。そして、お前には少し大きい。

 

 

パンツに関しては、基本的に、切っても良いように、長めにしてあるので、そのままでは履けることはあまり無い。

 

 

ユニクロの店員さんに任せて、店員さんに魔法の言葉を言うんだ。

 

す、少し長めで

 

確実にお前は一瞬ためらうので、いっそ、初めからこう言え。

 

 

少し長めで、という魔法の言葉を使えば大丈夫だ。

靴に関しても、26センチを試着して、かぱっかぱっと脱げそうなら、25、5センチを試着して、それを買うんだ。

 

 

次に関しては、お金に余裕があれば、

やるんだ。

 

 

この組み合わせも買え!

 

ネイビーのパンツを買っただけでも、色を少し使っているので、もうお前は混乱してるかもしれないが、まだ足りない。

 

他に服を二着買うんだ。

シャツとパンツ、それぞれ一着ずつだ。

 

このままだと、白シャツとネイビーのパンツを洗濯してる間にお前はどこにも行けない。

 

 

同じものを買えば良い?

 

 

それだと、お前は同じ服しか持っていないと逆に評判になって、変なやつだと思われるぞ。

意外に人は人に関心が無いようで、服を見ている。

 

 

確かに、普段制服を着ているお前は、私服になる回数は少ない。

 

 

だが、ただ、アニメイトぐらいしか出かけないお前は、自分に自信が無いから、家とアニメイトの往復しかしない。

 

少しおしゃれになって、外出して自信も付くと、更に外に出かけるのが楽しくなる。

 

だからこそ、次に紹介する二着を買うんだ。

 

青(緑でもOK)のシャツとベージュのチノパンだ。

 

同じような色の服で大丈夫なので、ユニクロや無印で探せ。

 

全部、ユニクロで買おうとすると、もろユニクロファッションなので、気をつけろ。

 

同じブランドがなぜ、駄目かって?

 

一つのブランドしか買えないと思われてしまうからだ。

ちゃんと選んでいないとも思われるしな。

 

複数のブランドでコーディネートが出来てこその、おしゃれなんだ。

 

良いな、同じような色を選べ!

 

 

高ければ良いというものでもない。

 

少し矛盾するかもしれないが、お金をただ使えば良いというわけじゃない。

 

自分にあった服装をするのが似合うんだ。

 

クラスの制服にブランドものを持っている女子を見ろ、好きでもっているが、似合っているようには見えないだろ。

 

服装や小物には自分に似合うレベルがあるんだ。

RPGで言う、装備品だからだ。

 

単純に高い服が似合うわけではないんだ。

質が良いものやデザインに凝っているものは、もちろん価格も高い。

 

だが、よほど好きなら別だが、高ければ良いというものでも無い。

 

ファッション初心者である、お前は、まず、今日言ったものを買えば良い。

 

高ければ良いという、視野の狭い考えでは、到底おしゃれに見えない。

 

自分に似合った最適な装備が良いんだ。

高いブランドでも合っているなら良いし、安くて出来るなら、ありだ。

 

もう、お前はおしゃれになれる。

最後に伝えたいことがあるから、聞くんだ。

 

 

服装を変えれば明るい未来が待っている

 

今のお前は信じないかもしれない。

 

俺のところには今、おしゃれに悩む人たち、自分に自信が持てない人たち、自分の魅力を最大限に発揮するための起業家さんたちが、毎月、全国各地から来てくれている。

 

驚くだろ。

 

今、俺もお前に言っていて驚いているんだ。

 

 

服装はそれだけ大事なんだ。

むしろ、お金持ちほど、自分の服装が重要と分かっている。

 

 

おしゃれな服を着だした途端に、女性から

 

「似合うね」

「おしゃれなんですね」

「その服、どこで買ったんですか?似合う!」

 

俺は目の前で、お客さんが言われるその光景を見てきた。

 

だから、お前も変われる。

そう、今変わるんだ。

 

いつか変われる?

 

そんないつかは来ない。

俺が一番実感している。

 

 

俺はサイトを運営していて、何人もの人からメールや会ったりしていると、、

 

「いつか、ひゆきさんのコーディネートを受けたいです」

 

「いつか」と使う人は、誰一人来ない。

 

あ、ひゆきさんは、今のハンドルネーム兼ビジネスネームだ。

お前が今名乗っている、しろこいから変更している。

 

「お金を稼いだらぜひ、ひゆきさんのコーディネートを受けたい」

 

お金を稼いだら、来たいと言っていた人たちは、お金を稼げたという話も聞かないんだ。

 

そもそも、人から信頼されるための服装だったり、信用される、好かれるための服装なのに、お金を稼げてから、というのもおかしいだろ?

 

お金を稼げて無いからこそ、服装はきちんとした方が良い。

 

出来ていない人が多いからこそ、服装を変えるだけで、信用されるんだ。

 

アメリカ大統領だって、専属のスタイリストが付いているんだぞ。

 

 

今、やろうと行動しない限り、行動は出来ないし、先に延ばされていくだけだ。

 

自分を変えるには今しか無い。

 

だから、おしゃれ初心者のお前に、今日伝えたかった。

 

行動すれば、お前はファッションコーディネートのプロになってる。

 

それだけじゃない。

 

偉そうに感じるかもしれないが、生きやすい人生をいろんな人に伝えているんだ。

 

そして、マイスタイルコーディネーターと名乗ってる。

 

人生を楽しんで生きてるんだ。

 

 

だから、自分の言葉を信じてくれ。

そして、おしゃれになって自信を持ってくれ。

 

 

15年後の俺より、15年前のお前への最後の言葉。

 

 

大人になった未来は、ものすごい楽しい!!

 

 

※思いの外、書いていたら、長くなってしまいました。

おしゃれになる前の僕への想いをぶつけてみました。

ちょっとね、言葉遣いは悪かったですが、ご了承ください(笑)

 

今回、おしゃれになる前の僕に宛てた内容をお伝えしましたが、メルマガ講座では、更に簡単におしゃれになれるコツをお伝えしています。

無料講座で分かりやすいので、良かったら下からご登録ください。

59-168-211-186

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)