自信を持って人に会えて好かれるコーディネート

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

今回はわざわざ愛知からリピートして下さったOさん。会社員の方です。

 

今回の舞台は、

今回のコーディネートの舞台は南大沢

2016-06-02_220851

初めてOさんとお会いしたのは僕が講師をしている雑談力講座の参加者さんでした。

その後に都内の南大沢という場所でコーディネートをさせて頂きました^^

 

今回、コーディネートをリピートして頂いて、二回目のご依頼です。

 

ありがたい限り!!

 

ナノライプというバンド好きの繋がりもあって、
お話も楽しくいつもさせて頂いております。

 

前回のOさんのコーディネートはこちら

 

今回、選ばせて頂いたコーディネートはこちらです。

 

OさんのBefore After

Before

b

After

2016-06-02_221000

今回、春先でしたが、夏物も少し欲しいというご要望を頂きましたので、
出来るだけ夏も頑張ってみました☆

元々、知的なOさん。
今回は、更に知的にそして爽やかな雰囲気もプラスしたいなと思ったので、
ブルーのシャツに、襟元にワンポイントにおしゃれを演出してみました。

そして、足元は綺麗めなライトグレーのパンツ。
スキニーパンツなので、足も細く見える効果があります。
ストレッチも効いているので、動きやすさも考えさせて頂きました。

Oさんの今回のコーディネートを受けて頂いてのご感想はこちら☆

 

コーディネートを受けてのご感想

 

こんばんは、ひゆきさん。

先日はありがとうございました。

以前のコーディネートの感想で最後に今度は春夏物を頼みたい、
と書いていましたが本当に頼んでしまいましたね。

 

まだ少し夜は肌寒い季節に、春夏物両方をお願いしたいという無茶も聞き入れてくれ感謝しています。

コーディネート場所として提案してもらった南大沢は、前回の幕張と違って自然豊かな良い場所ですね。

郊外都市という言葉がすっぽり当てはまるような、癒しのある場所で歩いているだけでも良いリフレッシュになりました。

途中パンツを選んでいる時に私の太もも部分だけがしっかりしていた為に、パンツが

「なんか窮屈だなぁ・・・」

と感じていたらひゆきさんが表情を見て

「気に入らないようだったら他を探しましょうか?」

と言って頂いた時には

「あ、断っても良いんだ。」

って救われました。

あと、私自身インナーって見えてはいけないものという考えだったのですが、わざと透けさせる、あえて見せるという新しい使い方を知る事が出来たのが実は今回のコーディネートでの一番の収穫でした。

 

今まで生きてきた経験から、無意識のうちに

「これはこう使ったらいけない!」

というロックを掛けていたんでしょうね。

 

しかも自分の常識から外れた使い方のほうが、おしゃれに見えてしまうから不思議(^_^;)

こういう新しい使い方を提案して頂けるのもコーディネートの魅力かなと思います。

今度はいつになるか分かりませんが、また頼む事があればその時はよろしくお願いします。

 

後日談ですが、今回コーディネートをお願いした服で初めてお会いする方と食事+カフェでおしゃべりしてきました。

 

初めて会うのでお互いどんな方なんだろう?

と思ってしまうのは当然の事なんですが、自分が

 

「どう見られているんだろう」

 

というのがもっとも不安に感じている点でした。

 

ですが、選んでいただいた服という事で

「服に関しては問題ないだろう」

と自信を持って会う事が出来ました。

 

帰り際に相手から

「ちょっと不安だったんですけど、誠実そうな方で会って良かったです」

と言って頂けたのも服の力が大きかっただろうと思います。

思っている以上に服って大事、と痛感した一日でした。

---------------------------

Oさんも仰っていますが、
おしゃれに関して、

「これはこう使ったらいけない!」

ということが思い込みであるコーディネートもあります。
実は視点を変えたら、おしゃれに見えることも。

インナーの話が出たので、
もう一つ、こんなやり方もあります。

シンプルなポロシャツの胸元を少し開けて着ると、
インナーが見える状態になります。
中の少し見えたインナーに明るい色を使って、
差し色代わりに使うなどのコーディネートもあります。

今回、Oさんが初対面の方と会ったとき、
Oさん自身の素敵なご様子で、
相手の方の好感度が上がりました。

逆に服装が糸がほつれていいる箇所があったり、
よれよれしていたりなどで、初対面の印象が悪くなり、
自分の内面を知ってもらえなかったり、
誤解されるのは、本当に勿体無いことです。

僕自身は相手に自分の想いや、
誤解されない自分を演出するために、
服装をコーディネートさせて頂きます。

自分という存在を認識して頂けるコーディネートですね(^_^)
今回、Oさんのように、服装で得をして頂きたいですね。

損をしていると気がついていない人が多い中で、
気がついて服装を変えただけで、

「あの人、素敵だなあ」

そう思われるのは、嬉しくありませんか?
そんなコーディネートばかりさせて頂いております。

 

もし、そんなコーディネートにご興味があれば、お気軽にご依頼くださいませ。

コーディネートの申し込みページに行ってみる

 

概要をご存知の方で、今すぐ申し込んでみたいという方は

お問い合わせフォーム

 

からお申し込みください。お申し込みフォームには、コーディネートに対してのやる気と、ご参加の日時をお書きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)