あれ、サイズが大きいシャツをもらったけど、どう着ればおしゃれに見える?

あなたのカラー見つけます。マイスタイルコーディネーターひゆきです。

今回は、読者さんに頂いたお悩みにお答えしていきます。

意外とお悩みの方も多いのでは無いでしょうか?

 

サイズが大きいシャツのおしゃれな着こなし方

大きい服の着方を教えてください。

ブログの読者さんと会ったときに言われたことがあります。

 

「大きい服の着こなし方を教えてください」

 

読者さんは服をプレゼントして頂いた様子でした。

しかし、普段着る服よりもワンサイズ大きめの服だったそうです。

 

ここで僕が、

 

「着るのやめたら良いですよ」

 

と言ってしまうことは簡単なので、今回は少しでもおしゃれに見えるやり方をお伝え致します。

読者さんはどうやら普段着る服の1サイズぐらいは大きい服を頂いたみたいなので、1サイズ大きめの服を使ったおしゃれな着方をお伝えしていきます。

 

大きいサイズと分からないようにする

基本的に大きいサイズと分からないように着こなすことを心がけます。

基本的にサイズの大きい服を着ると、見栄えがあまり良くありません。

大きく見えてしまう場合、カバー出来るやりかたがあります。

 

大きいサイズをなんとか着る方法

ご質問頂いた方の場合は、シャツなので、応用出来るやり方は、タックインすることが解決の一つです。

タックインとは、シャツをパンツの中に入れることですね。

少し大きめのシャツをパンツの中に入れて、ベルトが見えるように履きます。

 

ジャストサイズのパンツorちょっとタイトめ(きつめ)のパンツ

普通のコーディネートでも言えるのですが、ぶかぶかでサイズが大きすぎる服装は人に清潔感を与えないので、自分に合ったサイズの服を着ることが鉄則です。

画像のようなコーディネートでパンツを少しタイト目に履きましょう。

 

ベルトのバックルを少し大きめにする

2016-03-30_010312

ベルトの印象が薄いと、昔のファッションのようにおじさんっぽくなってしまいます。

シンプルで、少しベルトを止めるバックル(画像の金属の部分)が、大きめのアイテムを選んでください。全体の印象がすっきりして見えます。

 

ジャストサイズでネイビーか黒のジャケットを必ず羽織る

2016-03-30_012529

大きめのシャツを着る場合、ジャケットを羽織らないタックインは、少し難しいです。

ぶかぶかでなファッションはおじさんファッションになりがちです。

ビジネススタイルに近い形のコーディネートを目指しましょう。

同時に、落ち着いた色を使って頂きたいので、黒かネイビーのジャケットを羽織ってください。ジャケットはご自分に合ったサイズのジャケットを選んでください。

 

靴は、革靴で茶色か黒

2016-02-02_002527

服装に合わせる靴は、ジャケットと同じで、あまり明るい色を使わずに、落ち着いた色の靴を取り入れてください。

選ぶ靴はスニーカーよりも、スエード生地を使ったカジュアルシューズや、ビジネスシューズに近い革靴を使ってください。

 

ニットの合わせ方

ジャケットを合わせるだけでも大丈夫ですが、更にニットを合わせる場合も合わせてやっていきます。

もし、シャツとジャケットの間に、何かニットを着るとしたら、ジャストサイズのニットで、色は寒色系の色にしてください。

寒色系の色は、青とか紫ですね。見た目が寒そうな色と思ってもらえると分かりやすいかもしれません。

寒色系の色は、体型が細く見える効果もあります。

寒色系の服を選んで頂きたいですが、逆にNGなのは、暖色系と呼ばれる暖かく見える色です。

赤やオレンジです。

 

自分に合った服のサイズがベストなのですが、ちょっと大きめの服を着たい場合は、ご参考になさってください。

サイズが大きすぎてどうしようもない場合、メルカリやヤフオクで売ることをオススメ致します。

 

おしゃれの基本的なやり方についてもお伝えしている講座は下記からお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)