ニットとシャツの重ね着の組み合わせで30代もすっきりオシャレしよう

おいでませ。Today’s new days.
世界で一番ワクワクしてもらえる仕事をしている、
マイスタイルコーディネーターのひゆきです(^▽^)
  
前回、シャツのサイズをご紹介しました。
今回は簡単に出来る、シャツとニットの組み合わせ方をご紹介。
  
近年、ニットからシャツを出して着る着方が、
流行っていますね。
ここで思うのは、
  
どれぐらいの長さが良いんだろうか?
  
という疑問が湧き上がってくる、ということなんですね。
  
実際にね、何センチにしてください! そう言われても分からないですよね。
これぐらいの長さが良いよ~ということを、
あなたにお見せに致しますので、
御覧ください(*^_^*)
  

後ろ
  
1
  

後ろ、ちょっとおふざけ笑
  
2
  

後ろアップ
  
2016-01-24_004021
  

正面
  
2016-01-24_003931
  

正面アップ
  
2016-01-24_003953
  
僕はシャツ自体が短めの裾が好きなので、
ニットからもチラ見せ程度になっています。
  
これより、もう少しシャツが長くてもありなので、
後は、お好みですね(⌒▽⌒)
 

ニットを着るときにはIラインを意識しよう
  
その他には僕自身が痩せ型なので、
特に意識しているのですが、
ニットも体のラインに合ったものを特に意識しています( ^_^)b
シャツもニットもパンツもタイトなものしています。
  
これをアルファベットの「I」に見たてて、
Iラインと呼んでいて、
意識すると綺麗なシルエットで恰好良く見えます。
  
Iラインともう一つ、ぽっちゃりめの方にはそこまでオススメ出来ないのですが、
上半身のニットをちょっとボリュームのあるものにして、
下半身はタイトを意識すると、Yラインというものが出来上がるので、
こちらもオススメです。こちらもアルファベットに見てててのことですね☆
  
やせ型で筋肉がつきづらい人は、
体が貧相に見えないようにYラインを意識するコーディネートがオススメです。
冬の時期はコートで自然にYラインが出来ますが、
薄着のときにも薄いカーディガンとTシャツを組み合わせるなど、
重ね着すると良いですね☆
  
色を使う場合は、トップスの部分に赤やオレンジなどの膨張色を使うと、
よりYラインに見えるので、やってみてくださいね。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)