コミュニケーションってなんぞや?

おいでませ。Today’s new days.

よくコミュ力高いねと言われます。

は?
imihu.jpg

よく聞き返してしまいます^^;
いや、こんなにふざけてないけども、
聞き返すのは間違いないですね。

気が付いたら身に付いているのかなあ、
自分では分からないのですが、、、
人見知りはしますけど、基本は人と話すのが好きなので、

どう話せば人から好かれるか

それが身に付いた部分はありますね。
なので、今回は
その辺でも少しお話ししてみようかと^^

ひゆき流コミュニケーションの取り方

でいこうかな^^
コツは確かにあると思う。

ひゆき流なので、あくまで参考までにどうぞ。
過度なご期待はおやめください笑

確かに冷静に考えてみると僕がやっていることを、
出来ている人は少ないと思います。

今日は覚えておいて損はない会話の話をちょっとしようかな。
2013-06-15_190007.jpg

相手の話を聞く
この話を聞くなんですが、
ただ話を聞いているだけだと駄目なんですね。
相手にも伝わってしまうし、
気が付いたら無意識に自分が喋ってしまうことがあります。

相手の話す内容を聞いてください。

答えがいらない場合もあるので、どちらかというと共感してあげてください^^

そうなんだ~
大変だったね

言葉だけだと相手にも上の空が伝わるので、
感情込めてください。
本当に共感していれば自然と出来ます。

相手の話を奪っていないか気を付ける
相手の話を途中で止めて「自分は~」って話し始めて、
そのままかなり喋ってしまった経験ってありませんか?

これがあまりよくないんですね。
よくないって言うと言い過ぎかもしれませんが、
相手の喋りたいことを喋らせていない。
実は気が付くと

邪魔しちゃってる

可能性があります。
また、相手の聞いて欲しい点を見逃していたりもしますね。
会話が出来る状態だと、貴方に興味が無いということは無いので、
会話を楽しみましょう(^O^)

自己重要感を与えよう
もし相手が話したくて貴方と会っているのに、貴方ばかり喋っている。
話が終わった後に相手はどう思うでしょうか?

多分、話し足りないどころか、
下手すると相手が面白くないと思っているかもしれません。
誰しも自分の話をしたいものです。

それは誰かに自分の存在を認めてもらいたいから。
その誰かに認めてもらえたい、誰かに褒めてもらいたい。
それを

自己重要感と言います。

ココでも言ってるし、僕の中で大切にしている部分です。
相手の自己重要感を満たせられるかが相手との会話がうまくいったかどうか、
一つの指標になってますね^^b

僕は人と会話をするときに相手の話をよく聞きます。
そこで、相槌を打ったり、その話題から質問したり
します。(ひゆきとお茶会(ファッション相談会)お茶会受けた方は分かるかもしれません)

これが無意識にやっているので、
既に自分の中で身に付いた状態だとは思いますが、
慣れていない方は意識しましょう。

相手に共感しよう
相手の話をよく聞きます。
そのときの表情とかは今回は多くは語りませんが、
笑顔で相手の話を聞きます。

もちろん、楽しいことを聞けば楽しく、
辛いことを聞けば顔が悲しくなります。
感情を出して会話をしてください。
あ、分かっているとは思いますが、
「俺、犯罪しようと思うんだよね」
とか言われて納得とかしなくて良いので^^;

相手に興味を持とう
実際、これと自己重要感だけで、
かなり会話はうまくいくと思います。
相手に興味をもち、話をすること。

これ大事(^O^)/

自然と相手の話が聞きたくなって、
共感してあげたくなって、自分も楽しくなるので、
これが出来たら良いかな^^

というか、会話している相手に興味を持てない人が多すぎます笑
コミュニケーションという授業があったら確実にテストに出ます。
ここは赤線引いてください笑

相手のことを理解しよう
相手のことを理解しようと心がけることも大事です。
自分と同じ人はこの世に一人もいません。
みんな違った存在なので、
価値観なんてどうしても変わってきます。

理解しようと思っても難しいことはあります。
理解出来ないことも多くあります。
それでも理解しようとは努力してください。

相手が「自分のこと理解しようとしてくれる」
と思ってもらえるだけで素敵なことですし、
好かれます。

逆に多くの人が自分と同じようにしたいと願うから、
人間関係はうまくいかなくなるのです。
相手はこう思っているから、自分は理解はしよう。
理解出来なくても理解しようと努力しよう。

大事です

自分が理解できない=認めない
これはただの我儘です。
理解出来なくても理解しようと努力してください。
本気でやれば相手に伝わります。

会話のときは時折、相手の目をなるべく見る
これは最低限大切なことで、
相手の目を見て話した方が良いとよく言われますが、
もちろん恥ずかしい人もいますよね?

実は僕も初対面とか親しくないと出来ていないことが多いです^^;
その場合なんですが、鼻の頭とか見ると良いですよ。

相手からしたら視線は目にいっているように感じますので。
ずっとそこだけ見なくても良いので、
慣れたらたまに目を見れれば良いですね^^

いくつか書いていきましたが、
多分、会話って意識しないと難しい部分もあります。
後は慣れもあるので、一つ一つやっていってください。
話すことが上手い人ではなく、
聞き役も出来る会話がうまい人は重宝されます。
会話を楽しんでください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)